ヨボヨボ詐欺

毎年クリスマスには主人の実家のある田舎への大移動が恒例のA家。
片道約4時間のドライブだが、夏のスウェーデン旅以来ボダイはなぜだか長時間のドライブが苦手になってしまった。
30分も走らないうちにはぁはぁし始め、次第に何度も立ち上がりあうあういい始めるのだ。
年を取って三半規管が弱り車酔いするのか、それともなにかしら別のトラウマがあるのかは分からないが、とにかくそれでは落ち着いて走っていられないからとりあえず今回はレスキューレメディとセントジョーンズワート&メリッサのエキスを使って様子を見ることにした。
2015-12-30 23.56.53 Kopie
セントジョーンズワートはストレスに効くハーブとして有名だが、実は心臓の薬の作用を弱めてしまうことでも有名だ。
どれだけ影響があるかはわからないけれど、まあ1日の使用だし、使ってみた。
車に乗る30分前にエキスを与え、その結果は…
んー、たぶんないよりはよかったんじゃないかな。
はぁはぁが全くなくなったわけじゃないけど、立ち上がるまでの時間が少し長かった気がする。
立ち上がって落ち着きがなくなった時点ですぐに休憩を入れ、あらためてエキスを投与したりもしていたのもよかったのかもしれない。
そんなこんなで主人の実家に辿り着いたのはいいが、よっぽどドライブが疲れたのか、それからの数日ボダイの食欲は落ち、足取りは弱々しくなり、部屋に引きこもって眠ってばかりの日を過ごした。
2015-12-24 21.58.03 Kopie
あまりにも弱々しく老けた感じがし、とても心配だった。
2015-12-24 22.21.40 Kopie
今年のプレゼントはカモジャーキー。
この時はさすがに目が覚めた様子。
2015-12-26 14.47.33 Kopie
散歩に出ても、しばらく行くともう帰ろう、と足を止める。
2015-12-26 14.48.26 Kopie
「しっこもしたし、もうええです、帰りましょう」
まあね、もう14歳も後半だし、そりゃあいつかはヨボヨボになるよね。
食欲はないし、それでも何か食べないと痩せてしまうし、唯一欲しがるカモジャーキーをボダイが要求する度与え、それで勢いをつけて本来のいぬめしを食べさせた。
かといってこのままヨボヨボと動かないでいたら筋肉が衰退してしまうのは目に見えている。
それではいかんので、毎日カモジャーキーをご褒美に使って主人実家の階段を上り下りさせてみたりしていたが、少し心配を抱えたままクリスマスを終えベルリンの自宅に戻る前夜、主人がボダイと散歩に出てジョギングしてみると「やたらとやる気満々にグイグイ引っ張って走ってた」というのだ。
なぬ?
帰路も往路と同じくレメディとエキスを投与し、はぁはぁしながらもまあ比較的落ち着いてベルリンに帰った翌日、晴天だったので森へ出かけた。
2015-12-29 14.11.07 Kopie
今年は暖冬でやたら晴天の日が多いのがうれしいのはいいんだが。
2015-12-29 14.13.37 Kopie
いつもどおりテケテケ歩き、時折チビラと一緒にダッシュ…
…あのヨボヨボでかわいそうなボダイはどこへ?
2015-12-30 16.11.35 Kopie
その翌日もまた森で倒木を飛び越えながら道なき道を行くボダイ。
2015-12-30 16.22.00 Kopie
しまいにゃ豆粒ほどに小さくなるまで猛ダッシュして大きく弧を描いて戻ってくるし。
なんだったんだ、あの数日は。
2015-12-30 13.05.06 Kopie
「はて、一体何のことでしょう?」

Schon wieder…

A家あるある。
私が不在になると、なにかしらボダイに異変が起こりやすい。
8月の膀胱炎につづき、今回は爪折れる事件が発生した。
出先に主人から送られてきた写真には事件当日の状況が生々と写されていた。
2015-12-03 06.37.29 Kopie
血だらけの足。
2015-12-03 07.43.11 Kopie
そして事件発生現場。
2015-12-04 09.49.31 Kopie
さらには包帯実行部隊によるぐるぐる巻きの足!
たぶん爪が折れたのだと思ったが、どうも様子が違う。
よくよく考え、家に帰って状況を自分の目で確かめたところ、ふと約3年前に発症したSLO疑惑が再浮上した。
SLOとは、対称性爪脱落症または爪異形成症Symmetric Lupoide Onychodystrophyという自己免疫疾患である。
決定的な診断を下すには爪部分の組織の細胞診断をする必要があるのでそんなことはせず、その後はとりあえず高濃度の魚油を与え続けたおかげか、取れた爪は合計5本に留まっていた。
1年半くらい飲み続け、状態も落ち着いていたのでこの1年ほどは魚油をやめてしまったのだが、やめてしまったせいでもしやの再発かもしれない。
慌てて魚油投与再開。
主人曰く「家中の床が血だらけになるほど(←大袈裟)大量の出血で指がくっついた」というので包帯交換のときに患部周辺の血の塊をすべてぬるま湯で洗い流して処置。
2015-12-08 12.06.36 Kopie
骨見えてるー。
洗い流しているときに取れた爪がぽろりと出てきて、やっとすっきりした。
2015-12-08 12.14.59 Kopie
6本目のコレクション、ゲット。
3年かけて伸ばした爪なのにー。シクシク

秋、はじまりました

8月の暑さで痩せてしまったボダイは、9月になって涼しさとともに食欲を取り戻し、モリモリと食いに食いまくること約1ヶ月。
8月にはあまりにも食べなかったもんだから、この際食べるものはなんでも与える方式で肉だろうが肉だろうが肉だろうが...ええ、好きなだけ食べさせましたとも。
だってあまりにも肉しか食べないもんだから、きっと体が欲しがってるに違いない、と。
おかげでその間のウンチは見事なほど肉食動物のウンチだったけど、この際食餌のバランスだなんだとかはいっていられない。
なんたって主人が隣駅の商店街で新しく発掘した肉屋(前々回のオーガニックよりも基準が上の肉屋と同じ系列)の犬用ソーセージと生肉、夕方になるまでそれしかボダイは食べなかった。

2015-09-09 07.51.49 Kopie
コラーゲンと血がたくさん入ってそうな犬用ソーセージ。

夕方になってやっとこさ食べるようになったとしても、いつものいぬめしをもそもそっと食べる程度で、それだけではエネルギー量が足りないのは明確だった。
だから、ボダイが食べるときには何でも食べるものは食べさせた。
クッキーのバカ食いだって私的には全然OKだった。
私のいぬめしテクを主人に引き継ぎ、そんなこんなで1ヶ月。
これまでずっと観察してきた経験から、ボダイの体はある一定体重以上になると急激に食欲が増す、ということが分かっている。
今回もそのセオリーどおり、ある程度まで体重が回復したとたん、8月には拒否していた缶フードまで食べるようになった。
そしてちょっぴり首回りにも肉付きが回復。
脂肪ではなく、明らかに肉が付いたのだ。
おまけに、肉が付いたのとほぼ同時に、気がついたら尿漏れの量が激減していた。
もしかしたら、尿管周辺の筋肉も増えてくれたのかな、と。
だとしたらうれしい限りである。
11歳で去勢をしてから約3年半、普通だったらもうこの年では筋肉増やすことなんて見込めないはずだけど、あるいはそれでも良質の肉を充分量与えることで希望が持てるのかもしれない。
数年前のdog actually記事に「高齢犬にも高タンパク食を与えることでサルコペニア(Sarcopenia:加齢に伴う筋肉の減少)が抑えられる」とあった。
まさにそれなんだろうな、と一人で納得している。
”充分量”というのがはたしてそれぞれの犬でどのくらいに相当するのかはわからないが、とにかくボダイに至っては充分だったのだろう、肉が増えた。ブラボー
ボダイの肉は増えたし、私の仕事もとりあえずそんな切羽詰まってないし、秋がはじまったし、天気はいいわで、外気温が10度とフレッシュな中カメラを手に慌てて森へ出掛けた。

ドイツの紅葉は下手すると本当に1週間くらいで終わってしまい、一気に落ち葉がドカンと落ちてくるから、天気のいいときは1日たりとも逃せない。
だから毎年あちこち木々が黄色くなり始めると「見とかなきゃ」と気が焦る。

週末ともあり、森は満員御礼。
森の湖畔が藻で大変なことになっていたのはさておいて。
2015-10-11 15.48.31 Kopie
ボダイ vs Mix
2015-10-11 15.52.01 Kopie
ボダイ vs リッジバック
2015-10-11 16.05.00 Kopie
ボダイ vs マラミュート
あいかわらずこのマラミュートは苦手らしい(精一杯虚勢を張ってみるものの背中の毛がすべてを物語っている)。
2015-10-11 16.13.01 Kopie
ボダイ vs バセットハウンド
もはや犬としてみなさず、私の元へと逃げ帰ってきたボダイ...ヲイ!
2015-10-12 15.54.18 Kopie
秋、これからです。
思えば5年前のちょうど今頃、ボダイの頻脈が発症したのだった。
あれから5年、頻脈の発作もここ1年以上なく、もしかしたら乗り越えられたのかもしれないとさえ思う。
同じ頻脈症状でボダイの同胎犬は昨年なくなった。
それを思えば引き続き薬の投与はあるもののけっして大量ではないし、こうして普通に暮らせているのはとにかく感謝してもしきれない。
もちろん年齢相応に心筋症や弁閉鎖不全の問題はあるが、いまのところ日常生活に支障をきたしているわけでなし、まあぼちぼちなのではないかと満足している。
もちろん本犬はまったくそんなことは気にしちゃいない。

2015-09-16 11.52.24-2 Kopie
久々に出掛けた街の中で見かけたコスメの広告、アフガンに対抗するボダイ(やらせ)。

ちっぽけなこと

結局9月は気温が高めであったおかげで、屋根で育ったカボチャは無事収穫することができた。ヤホー
とはいえ、たった1個だがな。
とりあえず2週間くらい寝かせて甘味が増すのを待つことに。
さて、今回の日本滞在ではイベントが盛りだくさんだったこともあり、いろんな方々や犬に会えた。
ペットショップも見てしまって久々にネガティブなエネルギーを溜めてきたので、これをバネにさらなる活動への意欲としようと思う。

そんな滞在が終わり、私の憂鬱をあざ笑うかのように帰りの便は珍しくずっと快晴で、地上の景色を楽しみながら飛んだ。


美しい宇宙の青と地平線。
飛行機は窓際に限るのだ。

まずは中国の山奥。
この山奥にも犬やパンダやトラなどの野生動物が住んでいるのかと思うだけですでにロマンを感じる。

ドイツのライン川。

そしてドイツのどっか。
モザイクのタイル張りのようになっているのは耕作地、作物によっては収穫が終わり、色が異なる。
春にはここに菜の花畑の黄色が混ざり、それはそれは楽しい光景である。
空から見るとドイツの村々がどのような形になっているのかよく分かる。
村のでき方には一応ルールがあるのだ。


シムシティ見てる感じで楽しい。

空の上から地上を眺めれば眺めるほど、人間も犬もちっぽけなもんだと感じる。
そんなことはさておき、私が2週間ほど日本でクルクル回って不在の間、主人はボダイのメシに四苦八苦で奮闘していたらしい。

ボダイには食べるときのクセがある。
いぬめしにドライフードを混ぜると、食べ終わったときに必ずドライフードを残すのである。

2015-09-13 19.45.02 Kopie
こんな
2015-10-06 21.55.39 Kopie
こんな風に。

なんで1粒だけ残すん?(ー“ー)

クッキーもこぼしながら食べるし。
2015-09-13 19.50.18 Kopie
しかもこぼれたクッキーのカス、全部拾って食べないし!
ボダイほど食べ方の汚いサルーキーはいないだろうなと思う。
この天敵不在の余裕は生まれつきか、はたまた育ちからくるものか?
2015-09-08 15.17.14 Kopie
まあ元気だからいいんだけどね。

日常チラ見 その2

4月に日本に行ったとき、「ツルなしカボチャ」というのを見かけたので買ってベランダのプランターに植えてみた。
ら、最初のうちはツルがなかったのにいつしか(不在しているうちに)グイグイツルが伸びて屋根の上めがけて育っていってしまった。

2015-08-26 13.34.02

とりあえず花が咲いたので受粉したら、実が毎日みるみる育っていっておもしろいったらありゃしない。
でももう9月に突入してしまった今、すでに気温が下がってしまったので、はたして収穫できるまで充分育ってくれるか心配である。

2015-09-08 11.17.41

気温が下がったおかげでボダイの食欲は戻ったけれど、あいかわらず好きなものばかりをくれくれと要求する。
腹が減ったならまずはそこに置いてあるものを食べてからにしなさい。(ー“ー)

私とボダイはそんな攻防をかれこれもう14年近く続けている。

2015-09-08 14.52.46

1週間ほどよそ様んちの犬と僻地をほっつき歩いてしまったので、森に行って罪滅ぼしを。
あー気持ちいい。

日常チラ見 その1

さて、ボダイの尿漏れもとうとう暴露したことだし、久しぶりに日常報告。
私が不在時に、猛暑のせいかなんだかわからないがどうやらこれまで買っていた人用の牛肉を食べなくなってしまったらしいボダイ。
おかげで体重は減るわ、留守を預かっていた主人には泣きが入るわで非常に困ったらしい。
挙げ句、いつも我が家が買っているお肉屋さんで犬用の肉を分けてもらえることがわかりトライしたところ、なんと食べるじゃありませんか。
2015-08-29 11.07.55
というわけで今週も買ってきました肉屋の肉1kg。
前日に注文しておくと、枝肉をトリミングする時に出るいわゆる切り落とし(のわりにはやけにいい感じ)の部位を犬用に真空パックしてくれるのである。
これでお値段は6ユーロ。
我が家がいつも買っているこの肉屋の肉はオーガニックよりも動物福祉基準が上のもの、やっぱりどこかしら質が違うの分かるのかなぁと考えさせられる。
2015-08-30 18.28.42
ほっかむりは気にしないように。

年を取ると犬だって舌が肥えるのだ。

あちこち増えたり減ったり

毎度のことだが、気がつくとあっという間に時間は飛び去り、世間はもう6月に突入しようとしている。
前回の更新はといえば...え、2月末?
...
ぐだぐだ言っても仕方ないので、気を取り直して続けよう。
まずは全国のありんこファンのみなさんに報告するべき、その後のありんこの様子について。
昨年夏にA家のスイス旅行に同行して帰宅した女王アリと卵と幼虫&繭はその後無事に成長し、冬に突入する手前で8匹の働きアリを従える大家族へと発展したのだった。
DSC_4125s
2014年9月6日、最初の働きアリ誕生。パチパチ
偶然にもチビラ共々最初のありんこ誕生シーンに出くわすことができた。(そして日記に書いた)
DSC_4160z
最初のありんこ誕生から1週間も経たないうちにすでに大家族。
やがて気温の低下と日照時間の減少に伴いありんこ一家は春になるまで省エネモードに切り替わり冬眠、日が長くなってからまた活動を再開したのだった。ありんこのいる部屋の中は暖房が効いているから冬眠しなくても良さそうなものの、自然の体内時計がそういう設定になっているらしい。再び春が来るまでじっと我慢の子であった。
春になってまた女王アリが卵を生み始めたのはいいが、何を思ったのか突然巣箱内で引っ越し、ただいま出口付近のちょっと通気の良さそうな場所に落ち着いている。

2015-04-14

さて、春といえばこの数年A家の軒下にはアオガラが巣を作り子育てを行うのが風物詩なのだが、今年はアオガラはエサ台には姿を見せるものの巣作りはせず、代わりにリスが巣を作った。しかも場所は、食卓側の窓の外。私の不在中想定外の展開である。

2015-04-23

そこですか。
まあたしかにこの窓はめったに開けないし、日当たりいいし、中庭に面しているから静かだし見晴らしはいいし...でもちょっと無防備ではないか?
できるだけ邪魔せぬよう、脅かさぬようにカーテン越しに観察。それからしばらく毎日母リスはせっせと巣を作り、ある日気がついたときにはそこで寝るようになっていた。思えばその時にすでに生まれていたのだろう、数日後に覗いてみたら子リスがうごうごしていた。

2015-05-02

目も耳も閉じたまま、けっこう未熟な姿でリスの子は生まれる。
10日もすれば毛は生え、20日を過ぎる頃には目と耳が開く。不格好なほど手足が長く、宇宙人っぽい。
2015-05-05
母リスの不在時にこっそり写真撮影(長時間見ているわけにはいかないので写真を鑑賞)。巣に人間の臭いが付かないよう小枝を使い、さくっと写真だけ撮ってまた窓を閉じる。
ところがある日、外出から帰ってくるとなんだか巣のあたりが騒がしい。カーテン越しに見るとなにやら母リスが巣をつついて巣材の麻袋の切れ端をほどき、引っ張り回している。改築?かと思いきや、母リスはその巣材を持って引っ越しをしているようだった。
2015-05-08 13
よくみると尻尾の半分から先がポッキリと折れている。口いっぱいに巣材をくわえてよたよたと雨どいを伝って歩いて行く途中で巣材が落下。それをたまたまみていた地上階のおばちゃん共々心の中で悲鳴を上げた。
しかも引っ越した先は隣の家のバルコニーの外側にある雨どいの中...
2015-05-08
いや、でもそこはちょっとやばいんじゃないか?大雨降ったら雨水が流れてくるし、巣材が押されて子リスが雨どいの中に落ちちゃうじゃないかとか、もう見ているだけでハラハラ。
その日の夕方、巣があった元の場所にカラスがやってきて、残った巣材の中にくちばしを差し込んでいた。窓の脇にあった巣はカラスに襲撃されたのだ。その時のすざまじさがあの折れた尻尾なのだと思う。
それからしばらくはリスの親子のことが心配で家族の中でなんとなく寂しい雰囲気が漂っていた。とりあえずもしまた戻ってきてくれたり、来年も来てくれることを願って、ホムセンで齧歯類用の巣箱を買って設置してみた。
IMG_0107
数日後にリスがやってきた形跡が見られたが、引っ越していった後3日ほど母リスの姿を見ることがなかったその間に集中豪雨が降ったり寒い夜があったりと、とにかく気を揉んだ。3日目になって別方向のベランダの先の針葉樹の上に母リスの姿をチビラが発見し喜んだものの、なによりも尻尾の半分から先が落ち、短くなっていた。
「お母さん、生きててよかったね」とチビラはいったが、子リスのことは分からず、少し悲しげに「でもカラスだって生きなきゃだもんね」といった。
そうだね、自然は酷だけど、でもそういうことなんだよね。リスだけがかわいいんじゃない。
2015-05-25
ボダイ、今日もテケテケ。